渡部テイクアウト不倫、佐々木希とセックスレス?離婚は決定的で芸能界引退も!

人気お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん(47)の

多目的トイレ不倫が明らかになりました。

なぜ、トイレでことを済ますような愚行を行ってしまったのか、

佐々木希との離婚や、芸能界引退について調べてみました!

世界の渡部がなぜトイレで不倫⁉

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/7259395d79a5f35242c0f6290c863e66c1698760

芸能界きってのグルメ王で、人気の渡部さん。

さわやかな印象と、するどいツッコミで、

人気があり、芸能界1の美女ともいわれる、

佐々木希さんと結婚したにも関わらず、

独身時代からの、女性遊びはずっと続いていたそうです。

そんな中、不倫をした場所がホテルではなく、

公衆トイレ、しかも、身体障害者や子供のおむつを替えるときに

使われる多目的トイレを使っていたというから、

世間ではさらに、バッシングが大きくなっています。

やってることが、全然、世界の渡部じゃない、ですよね。

しかも、キスから行為を終了し別れるまで3~5分だったそうで。

相手に、1万円渡していたという報道もあります。

ちょっと一般的には理解できないですよね。

あんだけ稼いでる人がわざわざ多目的トイレで、

何人もの女性と、行為をしていたということに、嫌悪感を感じますね。

相手のことが、好きだとか、

愛だとか、が全く見られないから、

女性を本当に自分の欲を満たすためだけの道具として

捉えられているんでしょうね。

相手の女性も、嫌なら、行かなければよかったのに、と

思いますが、世間でちやほやされていた渡部さんとのその

3~5分の時間を共にすることで、心が満たされていたのでしょうか?

夫婦仲は良かったけどセックスレスが原因⁉

出典元:https://www.news-postseven.com/archives/20200609_1569291.html?DETAIL

元々仲良しのご夫婦ですが、出産や子育てをしていくうちに、

セックスレスになっていた可能性はありますよね、

実際のところはわかりませんが、

出産後、子育てをしながら、仕事もしていた佐々木希さんですから、

忙しかったのは事実だと思いますし、

その合間に、夫婦2人だけのスキンシップというのが、

どんどん減っていったのかもしれません!

そして、コロナ禍で、ずーっと一緒に家にいて、

お互いが仕事や子育てをしていくうちに

やりずらさなども、あったのかもしれませんね。

リモートで、渡部さんがTVに出ていたときも、

佐々木希さんの話題になったときに、少し顔をゆがめたように

見えることがあったので、なんとなく、

うまくいってないのかな、と思うこともありました。

ただ、セックスレスでなくても、

不倫をする人はするようなので、

渡部さんがどちらかは、わかりませんが、

実際コロナの影響で息が詰まる、ようなことは

あったのかもしれません。

離婚は決定的⁉芸能界引退⁉

出典元:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12278-688562/

ここまで、詳しく不倫事情が出回って、

女性も1人ではなく、

渡部さんに対する不満を抱えている女性は

まだまだいるようなので、離婚は時間の問題かもしれません。

当時は離婚はない、と言われていましたが、

どんどん世に出される情報が生々しく、

ここまで嫌悪感を抱く内容だと、佐々木希さん本人も

お子さんを抱えながら、情けない気持ちや、恥ずかしい気持ちで、

どうしようもないと思います。

このままでは、離婚という選択肢は大いに

考えられるでしょうね。

そして、芸能界引退も、もしかしたら

あり得るのかもしれません。

相方の児島さんが、コンビ解消はないと、

伝えているようですが、

本人がまた芸能界でやっていく、という強い想いが

自粛期間中も継続して、いられるのか、ということですよね。

今はどんな顔して表舞台に出たらいいのか、

わからないでしょうし、

自業自得ではあるものの、

精神的につらい時期を過ごすことになるでしょうから、

その時間は、しっかり反省して、乗り切ってほしいと思います^^

テイクアウト不倫・渡部まとめ

出典元:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12283-691298/

多目的トイレでの不倫。

なんで、トイレなの?

その答えは、ただただ、性欲を満たしたかっただけ。

それだけなのかもしれません。

相手の女性に対して、

愛だの、好意だの、一切の想いはない、というのが、

きっと答えなのでしょうね。

「好意がない」ことが佐々木希さんにとっては、

救いなのか、どうなのか…

許されることではないかもしれませんが、

失敗したって、やり直せないわけではないので

悔い改めて、再出発出来ればいいですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク