2010年タイの行方不明殺人事件の真相は? 母の夢で伝えた犯人とは⁉【何だこれ⁉】

2020年6月3日(水)19時から

世界の何だコレ!?ミステリーSP【ミステリー映像&有名人の奇妙体験】

が放送されます。

この番組内で、取り上げられる

2010年タイで起こった失踪事件について、調べてみました^^

2010年タイで行方不明殺人事件の内容

出典元:https://www.fujitv.co.jp/sekainonandakore/

事件が起きたのは2010年

殺害されたのは女性のラーティー・トーンディーさん(ラトリー・トーンディさんとも。当時21歳)

ラーティーさんの母親である

ソムチット・チットパサックさん(ソムジット・チットバサックさんとも。当時55歳)

の話によると、

ラーティーさん

セーニー・トーンディーさん(セネ・トーンディさんとも。当時27歳)と結婚し、

子供が一人居ました。

母のソムチットさんはこの事件が起こる2カ月ほど前に、

婿のセーニーさんから、娘のラーティーさんが家出したと連絡を受けていましたが、

当初はただの痴話喧嘩だろうと思い、すぐに帰ってくるだろうと

あまり気にかけていませんでした。

しかしその後、何日経っても娘のラーティーさんは戻らなかった為、

婿のセーニーさんが捜索願を出し、4か月が経過していました。

そして、2010年9月22日、娘のラーティーさんと思われる遺体が

ピサヌローク県、ポムピラーム市のマンゴーの木の下から発見されたのです

ラーティーが殺された事件の真相

出典元:https://lifes-bright.com/thai-sissou-josei-jiken-yume

マンゴーの木の下から、発見されたラーティーさんの遺体。

この事件の、解決、犯人逮捕の裏には、

摩訶不思議な現象が起きていました!!

その内容は、

母のソムチットさんの夢に娘のラーティーさんが出てきて、

“私は殺された、遺体はマンゴーの木の下に埋められている。”

と、言ったそうです。

そして、親戚と一緒に母のソムチットさんは、半信半疑のまま

マンゴーの木の下を掘って、遺体を探したそうですが、

見つからなかったそうです。

すると、数日後また、娘のラーティーさんが、夢に出てきて、

“私は前と同じ所にいる、お母さんが前に

掘ったところをもっと深く掘り進めて。”

と、伝えてきたそうです。

そして、もう1度マンゴーの木の下を、今度は深く掘ってみたところ、

白骨遺体が発見されたんです。

その後のDNA検査の結果、残念ながらこの遺体は、

娘のラーティーさん本人のものであると判定されました。

犯人は旦那のセーニー・動機は?

出典元:https://4travel.jp/travelogue/10595319

母のソムチットさんは、犯人が婿のセーニーさん

であることも、夢で語っていたそうなんです!

そして、捜査が進んでいき、婿のセーニーさん娘のラーティーさん

殺した犯人として、逮捕されました!

娘のラーティーさんを殺した動機について、

結婚出産後も、男性から、よく声を掛けられていた娘のラーティーさん

に、嫉妬し、頻繁に口論になっていたそう。

そして、ついには感情を止めることが出来ず、

銃で頭を撃ち、遺体をマンゴーの木の下に一人で埋めたそうです。

その後も、婿のセーニーさんは、友人に

【隣町でラーティーが男と歩いているのを見かけたなどと

嘘を言っていたことが分かりました。

嫉妬から、愛する人を殺してしまうという、

悲惨な結果になってしまったのですが、

真相や、犯人が分かってよかったです。

それにしても、夢に出てきて真相を伝えてきたというのは、

不思議なことですよね!

2010年タイ失踪事件のまとめ

出典元:https://www.tnc.co.jp/program/detail/200603sekainonandakore/20200603

嫁が、男性にモテることに嫉妬した旦那が嫁を殺して

嘘をつき続けた悲惨な事件でした。

が、母親の夢に殺された娘が現れて、

正確なメッセージを伝えたことによって、

事件の真相が明らかになり、

犯人も捕まるという、不思議事件でした。

本当に不思議で、疑ってしまうような内容ですね!

亡くなったラーティーさんが、安らかでありますように…

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク