【情熱大陸】木彫家・貝澤徹はなぜアイヌ文様を掘るの?火の神「アペフチカムイ」て何?ウポポイ施設の詳細

2020年5月31日(日)23時から放送の、

情熱大陸【貝澤徹/世界で注目されるアイヌの木彫家が挑む、新たな『カムイ』!】

に出演される、木彫家の貝澤徹さんが気になったので、調べてみました!

スポンサーリンク

木彫家・貝澤徹のプロフィール なぜアイヌ文様?

出典元:https://www.mbs.jp/jounetsu/2020/05_31.shtml

氏名    貝澤徹(かいざわ とおる)

生年月日  1958年9月11日(2020年62歳)

出身地   北海道平取町二風谷(にぶたに)

肩書    木彫家、アイヌ文化活動アドバイザー

受賞歴   アイヌ伝統工芸展北海道知事賞 他多数

北の工房 つとむ 店主の貝澤徹さん。

高校卒業後に家業の木彫りを始め、30代半ばまでは動物などを彫っていた。

その後、明治時代に名工といわれた二人のうちの一人・曽祖父の貝澤ウトレントクさんの

イタ(お盆)を複製したことがきっかけでアイヌ文様を彫り始めた。

2018年フクロウの卵からの孵化を型取り、次世代への想いを託した

『ケウトゥムカンナスイ/精神再び』が大英博物館に常設展示される。

高校卒業後から、ずっと木彫りに携わっていた貝澤徹さん^^

「ゴールデンカムイ」という漫画にも貝澤さんの作品が出てきています!!

2016年に作者の野田サトルさんが貝澤さんのお店に来店して、

資料用のマキリ(小刀)を注文したそうです。そのマキリが、漫画『ゴールデンカムイ』の

キロランケという登場人物のマキリとして使われたそうです^^

それから、一気にマキリの注文が殺到したそうですよ!

出典元:https://haveagood.holiday/spots/822050/map

北の工房つとむ

電話番号   01457-2-3660

所在地    北海道沙流郡平取町字二風谷74-12

営業時間   8:00〜18:00

休業日    不定休

工房では、貝澤徹さんの作品が購入できるそうです♪


スポンサーリンク

火の神【アペフチカムイ】ってなに?

出典元:https://yaoyoro.net/%E3%82%A2%E3%83%9A%E3%83%95%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%A4.html

アイヌ民族にとって最も身近で尊い火の神・アペフチカムイ

『アペ』はアイヌ語でを、『フチ』は老婆を意味するそうです。

『カムイ』とは、アイヌ語で神格を有する高位の霊的存在のこと。

簡単に言うと、神のような存在、ということでしょうか^^

アペフチカムイは6枚の衣を纏い手に黄金の杖を持った老女の姿で

別名『神の老女』という意味の『カムイフチ』と呼ばれることもあるようです^^

アイヌ民族は、「自分たちの祈りは、火のカムイを通じて他のカムイに伝えられる」

という考えを持っているから、

神への祈りは、まずアペフチカムイへの祈りから始まるそうです!

その火から立ち昇る煙に祈りをのせて、天にいるカムイ(神のような存在)に届く

信じられていたようです!

木彫家貝澤さんが初の人物造形への挑戦として

この、火の神「アペフチカムイ」の像を、

掘ったんです!!

スポンサーリンク

火の神が展示されるウポポイ(民族共生象徴空間)とは?

出典元:https://ainu-upopoy.jp/

北海道の先住民であった、アイヌ民族。

アイヌ語や、自然界すべてに神が宿るという考えなどの、

固有のアイヌ文化の復興・発展のために作られた施設です^^

現在では、新型コロナウイルスの影響でオープンが延期されていますが、

このウポポイ(民族共生象徴空間)に、

貝澤さんが初挑戦した、人物木彫の火の神・アペフチカムイが

展示されるんです!!

因みに、「ウポポイ」とはアイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味しているそうです!

住所:〒059-0902 北海道白老郡白老町若草町2丁目3

TEL:011-271-4171

FAX:011-271-4181

ウポポイのHPはこちら

スポンサーリンク

木彫家・貝澤徹のまとめ

出典元:https://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/like_hokudai/contents/article/1706/

北海道の先住民であるアイヌの文様を掘っていた

曽祖父の貝澤ウトレントクさんのイタ(お盆)を複製したことがきっかけで

アイヌ木彫家と呼ばれるようになった貝澤徹さん^^

これからも、その優しい笑顔のまま

素晴らしい作品を作って

私たちに感動を届けてくれるのが楽しみですね^^

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク