三浦春馬の母親の現在は⁉金に目がくらみ密葬にも参列せず・現在の暮らしは⁉

2020年7月18日に三浦春馬さんが

亡くなりました。

スマホに速報が流れたときに、

時が止まったかのように

衝撃を受けた人がほとんどだと思います。

死因については、自殺と断定され、

すぐに、密葬されていますが

若くて有望な三浦春馬さんがなぜ、

死を選ぶことになったのか

真相は深まるばかりです。

そんな中、母親との関係が

死を選ぶきっかけになったのではないか、と

報道が出ているのです。

実際どうだったのか?調べてみました。

三浦春馬と母親の関係

出典元:https://news.yahoo.co.jp/articles/4fcf5e9ba67d394b19519534fa1b9d4dff8d72b1

三浦春馬さんの母親の

名前は三浦真弓さん

茨城県土浦市出身の三浦春馬さんは、

両親とおばあちゃんの4人で、暮らしていました。

小学生の時に、両親が離婚し、

中学生の頃に母親が再婚しました。

その再婚相手の名前は笹本賢一さん。

出典元:https://www.patentcongress.com/geinou/actor/miura-3

元々、母親のことが大すきで、

一人っ子なのでどこに行くにも

母親と一緒。

仲はよくて、

お互いが下の名前にちゃん付けして

【真弓ちゃん】【ハルちゃん】と

呼び合う仲だったそう!

中学に入っても、反抗期のような

ものはなく、友達のような

関係で仲が良かったんだとか。

それが、母親が飲み歩くようになり、

その席にまだ、学生の三浦春馬さんも

一緒に連れていくようになったんです。

タバコの煙が立ち込めていたり、

酔っ払いがいる、居酒屋などをハシゴして

遅くまで飲むことが増えていったようで、

母親の膝枕で三浦春馬さんが

眠っていることもあったそう。

母親の真弓さんは、離婚して、

寂しい想いをしていたのかもしれませんが

まだ学生の子どもを連れて、

居酒屋を、それも、ハシゴして、

連れまわすというのは、

可哀そうな気がしますね…

酒好きの母親は必ず酔っ払うし、
騒がしい店はタバコ臭い。
だから春馬は、“お母さんと夜飲みに
行くのがイヤだ”と愚痴をこぼすことはあった
引用元https://news.yahoo.co.jp/articles/d29335443ece58920d1c1692448bdcb7e77be515?page=2

そう思うのは、当然ですよね、

子供にとって楽しいことは一つもなく、

母親が満足するまで、待ち続け

酔っぱらった母親の世話をしないと

いけないんですから…

母親の真弓さんは、

明るい性格ではあったものの、

お酒が好きなので、

度々三浦春馬さんを困らせてしまっていたようですね。

仕事がオフの時には、伊豆などへ一緒に
スキューバダイビングに行くほど仲が良かった。
引用元https://news.yahoo.co.jp/articles/d29335443ece58920d1c1692448bdcb7e77be515?page=2

お酒のことが絡むと、

嫌な気持ちがあったものの、

一緒にスキューバダイビングに

行くほど、仲が良かったんですね。

年頃の男の子が母親と

スキューバダイビングに行くって、

中々ないと思うんですが、

それほど、母親は三浦春馬さんを、

三浦春馬さんは母親を

大事にしていたということですし、

仕事で忙しくても、

一緒に過ごす時間を大切にしていたんですね。

母親の暮らしぶり

出典元:https://www.dailyshincho.jp/article/2020/07181745/?all=1

4歳くらいから、地元の養成所に入って、

子役として順調に芸能界で活躍していった

三浦春馬さんの横で、母親の生活も

どんどん派手になっていたようです。

三浦春馬さんは、

自分が活躍するたびに、

母親の生活が派手になる…

そんな複雑な環境の元で、

色々な葛藤が長年あったのかもしれません。

自分が活躍し、ファンや一般の人が

喜んでくれたりする一方で、

母親はどんどん金遣いが荒くなる…

そして、挙句の果てには、

三浦春馬さんに、ではなく、

直接事務所にお金を無心してしまったんですね…

「春馬さんの両親は、生活が苦しいからと、
息子を通さず事務所にまとまったお金を
無心したり、ギャラを上乗せするよう
マネージャーを呼び出して、社長への
口利きを頼んだとか。それを知った春馬さんは
激怒。親子は絶縁したという話が流れています」
引用元https://news.yahoo.co.jp/articles/d29335443ece58920d1c1692448bdcb7e77be515?page=2

仲が良かったとはいえ、どんどん大人になっていき

芸能界で活躍する三浦春馬さんの横で

母親の【お金への執着】

増えていくようになり、

三浦春馬さんの、母親への嫌悪感が

増していったそうです。

三浦春馬さんが養成所に入ったのも

母親の真弓さんがきっかけ。

ただ、当時は、【お金】が目当てではなく

本当に三浦春馬さんのことを想い、

養成所に入れたようです。

母親は、うちの子はまじめで
おとなしくて、はにかみ屋で、
なかなか仲間に入っていこうと
しないから、少しでも改善するために、
ピアノやサッカーを習わせる感覚で
4歳のころから養成所に通わせた、と言ってました」
引用元https://news.yahoo.co.jp/articles/dd2ccc694f9767a095a7b90055f36ac6e7cb1ed5?page=2

それが、いつしか、

【お金を無心】するようになり、

三浦春馬さんから、絶縁状態を突き付けられていたんですね。

義理の父親である笹本賢一さんに対しても、

不信感があったようで、

当時の春馬は、継父に対しても
“アイツの顔も見たくない”と
言っていたからね。離婚した直後の
7、8年前、“速攻で役所に行き、
継父の籍から抜いて貰った”とも話していた」
引用元https://news.yahoo.co.jp/articles/d29335443ece58920d1c1692448bdcb7e77be515?page=3

籍を抜いたり、

「結局お金のことばかり。
今はとにかく両親と関わりたくない。
二度と会いたくない」
引用元https://www.j-cast.com/tv/2020/08/06391723.html?p=all

両親を信頼できなくなって、

周りに信頼できる友人がいたとしても、

デリケートな内容なので、

本当の心の寂しさや悲しさを

相談できる相手がいなかったのかもしれませんね…

母親には携帯電話の番号も教えず
「頭に来たから、地元の役所に行って、
籍を抜いてきた」といったそうだ。
三浦の「遺書」には、
「母とは5年以上会っていない」
「自暴自棄になり、どう死のうかと
いつも考えていた」と記されていた
引用元https://www.j-cast.com/tv/2020/08/06391723.html?p=all

1歩外を出ると、

俳優・三浦春馬、であり続けなければいけない。

でも、その心の奥深くでは、

お金ではなく、そのままの自分を

愛してほしい、認めてほしかったという

母親への愛情を欲しがって泣いていた

三浦春馬さんがいたのかもしれません。

母親として、子どもへ向ける愛情は

どうしたって測れるものではないけれど、

一方的に【私はこの子を愛していた】というのではなく

【僕は愛されているんだ】という、

子供本人の感情が大切なんだと

思います。

いくら、親が愛していたとしても、

子供が愛されていると、感じていなければ

それは、愛していない、ということなのかもしれません。

それぞれの愛情表現はもちろんありますが、

三浦春馬さんの母親がいつからか、

お金に目がくらんでしまったのは

残念ですね。

現在行方不明で密葬にも参列せず⁉・結局はお金 の真相

出典元:https://ray-web.jp/50027

現在、母親である、真弓さんは、

生前三浦春馬さんから購入してもらった

都内のマンションで生活をしているようです。

現在真弓さんは、57歳。

事務所とは、関係を持ちつつ、

今は失った息子への想いを抱え、

暮らしているのかもしれません。

ですが、実は、亡くなってからも、

家族と、連絡は一切取れないそうです。

そして、三浦春馬さんが亡くなって

密葬のときにも参列していないんです。

子供が、亡くなって、

葬儀に顔を出さない、というのは

どのような心境なのでしょうか?

参列出来ないほど、憔悴しきっているのか

関係ない、というような

感情なのか…

どちらにしても、真弓さん自身の妹さんとも

連絡が取れずに、行方が分からないということは

都内のマンションに暮らしている可能性は

低いと思います。

事務所も、母親の真弓さんと

連絡が取れなかったということですね。

最後の最後まで、

三浦春馬さんは孤独を感じて

いたのでは、と思うと

胸が締め付けられる想いですね。

三浦春馬さんが小学生の頃に、離婚した

実の父親との20年ぶりの再会も果たせていました。

心臓病を患っていたようですが、

定期的に食事に行くような仲になっていて、

親子の時間を取り戻すように

一緒に過ごす時間を作っていたようです。

ですが、やっと父親と逢えて

喜んでいた矢先、

実の父親からも、

お金を要求されていました。

そのことが三浦春馬さんを

ひどく落ち込ませてしまったようです。

母親、継父、実父、

みんなが見ているのは、【僕自身】ではなく

【お金】だ。

そんな気持ちがあったから、

結局はお金、という言葉が

出てきたのかもしれません。

愛息の訃報に、実父は憔悴しきっているという。
『俺はどうしたらいいんだろう。春馬に何がしてやれるんだろう』
引用元https://news.nifty.com/article/item/neta/12113-735498/

三浦春馬と母親まとめ

出典元:https://gingerweb.jp/lifestyle/slug-neafb4133ef2a

元々は、子ども思いで、太陽のように

明るい性格で、いつもニコニコしていた

母親の真弓さん。

それがいつからか、もしかしたら

無自覚のまま、

【お金へ執着】していったのかもしれませんね。

実際の三浦春馬さんの気持ちは

謎に包まれたままですが、

今はどうか、三浦春馬さんの魂が安らかでありますように。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク