NHK【ストーリーズ事件の涙 勝利の代償】生き残った金光佑治(元ボクシング日本王者&元競艇選手)のその後は?試合後亡くなった辻昌建とは

NHK で 5月18日(月)夜10:45~11:15から

【ストーリーズ】事件の涙「勝利の代償~あるリング死と向き合った11年~」

生き残った元ボクサーが、いま思うこと

が放送されます。

2009年の試合で亡くなった辻昌建さんと、

生き残った金光佑治さんのその後について調べてみました^^

スポンサーリンク

NHK ストーリーズ 事件の涙

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B083SS9F53

NHK のストーリーズ 事件の涙 とは

どのような内容なのか、調べてみました★

NHK総合で、月曜夜に不定期で放送されている番組。

内容は、

世間に衝撃を与えた過去の事件の裏にある、知られざる人々の涙に焦点を当てています

被害者や、加害者などの人物に焦点を当てた、現代社会を映し出すドキュメンタリーです。

事件や事故の当事者や、家族、友人や恋人などにスポットライトを当てて、

怒りや悲しみ、など複雑な涙に迫っています。

以前は、「ノーナレ」「事件の涙」「のぞき見ドキュメント100カメ」等の

ドキュメンタリーを放送してきましたが、

2019年9月30日から、新番組「ストーリーズ」として放送されています^^

スポンサーリンク

2009年ボクシングの試合で亡くなった辻昌建さん

出典元:https://plaza.rakuten.co.jp/oak80jpn/diary/20160108/

本名 辻 昌建(つじ まさたて)

身長 160㎝

出身地 広島県広島市

生年月日 1978年11月16日

亡くなった日 2009年3月24日(30歳)

法政大学ボクシング部出身、帝拳ボクシングジム所属。

2009年3月21日、チャンピオンカーニバルで行われた日本ミニマム級王座決定戦で、

日本1位・OPBF2位・WBC18位として、日本3位・OPBF6位の金光佑治さんと対戦

ダウン経験のない両選手の試合はスタートから激しい打ち合いになり、

最終回に辻 昌建さんはKO負けとなりました。

この直後、辻 昌建さんは、リング上で意識不明となり救急搬送

急性硬膜下血腫の診断で開頭手術を受けたが、意識不明のまま、

3日後の3月24日入院先の病院で死去しました。

まだ、若くこれからのご活躍も楽しみでしたので、

本当に本当に残念です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

生き残った対戦相手の金光佑治 勝利の代償とは…

出典元:https://ameblo.jp/stanbox7/entry-12585220146.html

本名 金光 佑治(かねみつ ゆうじ)

愛称 堺のダイナマイトキッド

階級 ミニマム級

身長 163㎝

出身地 大阪府堺市

生年月日 1984年5月14日

元プロボクサーで第22代日本ミニマム級王者。

プロボクサー時代は六島ボクシングジム所属。

2009年3月21日、チャンピオンカーニバルで行われた日本ミニマム級王座決定戦

辻 昌建さんと対戦した金光 佑治さんですが

試合後 金光 佑治さんも、控室で頭痛や吐き気などの体調不良を訴えて

病院に搬送されました。そして精密検査を受け、再検査で、硬膜下血腫が認められ

JBC医事規則によりボクサーライセンスが自動的に失効されてしまいました。

5月12日に現役引退を発表し、後日王座を返上

その後は、2012年11月競艇選手としてプロデビューしています。

ボートレーサーとして、7年間活躍し、

2019年11月4日の住之江競艇場でのレースを最後に引退されています。

スポンサーリンク

金光 佑治の現在 ボディセラピストとして。

出典元:https://sakai-news.jp/newface/20200208_a035_kid

ボートレーサーを引退したあと、金光 佑治さんは、

2020年3月にマッサージ施行者として大阪府堺市にリラクゼーションサロン

『ほぐし屋KID』をオープンしています^^

スポーツ整体ボディケアセラピストとして、

再出発を果たした、金光 佑治さん。

営業時間 15時~翌1時まで

(最終受付30分前)

スポーツ選手として活動してきた自分だからこそ、

お客様の疲れをとれたらいい という想いだそうです★

いくつもの苦しい場面を乗り越えてきた金光 佑治さんだからこそ、

優しさを胸に人を癒すお仕事を選ばれて、

本当に素敵だなと思いました^^

スポンサーリンク

金光 佑治のまとめ

出典元:https://sakai-news.jp/newface/20200208_a035_kid

元プロボクサー第22代日本ミニマム級王者で

元競艇選手の金光 佑治さん。

対戦相手の死と今も向き合いながら、

人を癒すお仕事をされています。

歩みを止めず、前進されている金光 佑治さんに

とても勇気をもらいますね。

これからも、多くの人に感動と癒しを

届けてくれるでしょう^^

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク