【世界の何だコレ!?ミステリー】生後10日の娘が自宅火災現場から消失の謎!事件の内容、誘拐した犯人と真相、家族の現在は?(アメリカ)

5月20日水曜日19時~世界の何だコレ!?ミステリー

が放送されます!その中の事件、

自宅の火災現場から消えた生後10日の娘…だが6年後、娘が母の目の前に!衝撃の真相とは!?

について、気になったので調べてみました^^

スポンサーリンク

生後10日の赤ちゃんが火事で死亡の事件の内容

出典元:https://news.livedoor.com/article/detail/16761432/

時は、1997年の、アメリカ・フィラデルフィアでのこと。

クリスマス10日前、2人の兄に続いて、

笑うとえくぼが出来るかわいい赤ちゃんが産まれ

母のルースは、待ち望んだその女の子の赤ちゃんをだき、

家族と一緒に幸せをかみしめていた。

その赤ちゃんの名前は、デリマール

12月15日、夫のペドロの母や、

いとこのキャロリン赤ちゃんのデリマールを見に家に遊びに来ていました。

みんなで楽しく過ごしていた、

午後7時頃、突然2階から爆発音がし、デリマールが寝ていた寝室が炎に包まれたのです

母のルースは助けようとしたが、助け出せず、

寝室は全焼、赤ちゃんのデリマールも死亡と断定されました

が、

寝室で寝ていた赤ちゃんデリマールの遺体がなかったこと。

閉めたはずの寝室の窓が、開いていたこと。

が、事件を謎にしていました。

火災から鎮火までわずか14分、

生後10日の赤ちゃんでも骨まで燃え尽きることは考えにくい!

母ルースは【あの子は誰かに誘拐されたんだ!】

警察に捜索をお願いしても、『すでに死亡している』と

取り合ってもらえず、母ルースは【精神的におかしな母親】となっていったのです。

スポンサーリンク

事件の真相・誘拐した犯人はいとこのキャロリン!

出典元:https://chestnut375.com/umarete10-nichigo-kaji-shoushi-musume-delimar-6nengo-hakken-sousa-yuukai-7221

その後、母ルース夫ペドロとの仲も悪くなり、火災から4年たったある日

夫ペドロは家を出ていきました。

母ルースはどんどん孤独になっていきました。

そして火災から6年後元夫ペドロからの1本の電話。

『俺とお前によく似た女の子を見かけた』と。

そして、そこで6年越しのわがことの再会を果たしたのです!

が、その女の子のそばにいたのは、『母親』のキャロリン!

誘拐した犯人は、夫のいとこである、キャロリンだったのです。

キャロリンはデリマールに、アリーヤと名前を付け、

6年もの間、隠れて育てていたのです。

キャロリンは、交際相手をつなぎとめるために、

妊娠した、自宅で出産した、と出生証明書を偽造していたのです

そして、母ルースの執念で、DNA鑑定までもっていき、

晴れて娘を取り戻したのです^^

キャロリンは、誘拐、放火、暴行、子供の親権の妨害などの罪で起訴され、

その後、有罪判決で30年の懲役刑を宣告されました。

スポンサーリンク

引き裂かれた家族の現在

出典元:https://toyokeizai.net/articles/-/291303

その後、名前も元の、デリマールになり、

家族のもとに戻って一緒に暮らしています。

2020年現在22歳のデリマールは、笑顔がとってもよく似合う

えくぼが可愛い女の子です^^

本当の家族と一緒に暮らせるようになって、

本当に良かったです^^

母親の、執念や、直観というものは、

自身や家族を守るために、フル稼働されるものなんだ、と

驚きました!

そして、結局は嘘で固めたものというのは、

もろく、一気にはがれていくんだな、と感じますね!

スポンサーリンク

生後10日自宅火災で死亡した事件のまとめ

出典元:https://toyokeizai.net/articles/-/291303

生後10日で死亡を断定されたけど、6年後誘拐犯から娘を取り戻した事件

犯人のキャロリンは、母と子の大切な時間や幸せを奪い、

その自分勝手な行動は、どんな理由があっても

許されることではないですね!!

時間はお金では解決できない。

失った6年間を紡ぐように、

これからも、母ルースと家族の時間を一緒に

幸せに過ごしてほしいですね^^

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク